帯状疱疹 - 医療法人社団SEC(新宿駅前クリニック)-新宿の内科/皮膚科/泌尿器科

HOME アクセス 電話する

皮膚は全身の状態を映し出す鏡とよく言われ、体の中のバランス、胃や腸などの内臓の調子や血行状態、ホルモンのバランスなどが崩れた場合など、その影響が皮膚に現れてくることが少なくありません。皮膚の病気や症状から他の病気が見つかることもありますので、皮膚に何らかの症状が認められた場合には、早めに受診してください。

皮膚科

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘(水ぼうそう)を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスによる皮膚の感染症です。
体の左右どちらかにチクチク、あるいはピリピリとした痛みを感じ始め、これに続き赤い発疹と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。
風邪などで体調をくずし、免疫力が低下した時に帯状疱疹ができやすくなります。
帯状疱疹はどの年齢でも見られますが、40代以上がその3/4を占めていると言われています。

水ぼうそうにかかるとウイルスは脊髄神経や脳神経の神経細胞が集まっている場所(神経節)に広がり、そこに潜伏します。
そして、なんらかの原因で免疫力が低下したときに、ウイルスが再活性化されて、ウイルス感染した神経線維が支配する皮膚に水ぶくれをつくります。
帯状疱疹が起きている期間は、多くの場合、痛みをともないます。

帯状疱疹ができる原因

水ぼうそうは、乳幼児や子供の約9割がかかる感染症ですが、そのとき感染したウイルスが神経節に数十年間も潜伏します。
そのため、ほとんどの成人が水痘帯状疱疹ウイルスをもっています。
健康時には免疫力が強いためウイルスの活動は抑えられていますが、何らかの理由で免疫力が低下した場合にウイルスが再活性化され、症状が現れます。

帯状疱疹の症状

多くの場合、体の一部にチクチク、あるいはピリピリとした痛みを感じることから始まります。
やがてそこに赤い湿疹ができ、次に水ぶくれができてそれが破れます。
破れた後に皮膚にびらんができ、最後にかさぶたができます。
これらの症状は体の左右どちらかに出現するのが特徴です。
また、痛みを伴うのも特徴の一つです。
痛みの程度も様々ですが、強い痛みを感じることの方が多いようです。

知覚神経のある部位であればどこでも発症しますが、胸、腹や背中など胴体部分に多くみられます。

帯状疱疹の診断

一般に臨床症状で診断します。

また、血液検査により血液中に含まれる水痘帯状疱疹ウイルスに対する抗体の量を調べて診断することもあります。

帯状疱疹の治療法

薬物療法が治療の中心となります。
ファムシクロビルやバラシクロビルなどの経口抗ウイルス薬がよく使用されます。
痛みを和らげるために鎮痛薬も使われます。

帯状疱疹の注意点

帯状疱疹が起きている期間、ウイルスが神経を攻撃するので、帯状疱疹が長引くと帯状疱疹後神経痛(鈍く、熱く、突き刺すような痛みをともないます)などの後遺症が残る可能性があります。
従って、早めに受診して早めにウイルスの活動を抑えることがとても大切です。
また、免疫の低下により発症するため、できるだけ安静にして体力の回復に努めましょう。