泌尿器科を受診される患者さまへ - 医療法人社団SEC(新宿駅前クリニック)-新宿の内科/皮膚科/泌尿器科

HOME アクセス 電話する

泌尿器科を受診される患者さまへ

新宿駅前クリニック泌尿器科では、男性の患者さまの場合には『性感染症』、女性の患者さまの場合には『膀胱炎』に特化して診療しております。
また、当院では泌尿器科の他に、内科・皮膚科も併設しており、泌尿器科を受診の際にも目立たたずに、他の方の目が気にならないよう配慮しております。

男性の患者さまへ

性感染症とは

性的な接触によって感染する病気のことを性感染症(STD)といいます。
かつては性病と呼ばれていましたが、法改正により現在では性感染症と呼ばれるようになりました。
この性感染症は性交だけでなく、オーラルセックスなどによっても感染します。

性感染症にかかってしまった場合、最も大切なのは早期に治療を行うことです。
治療が遅れるほど症状が悪化していきます。
感染していても自覚症状がない場合もありますが、自覚的な症状が少しでもあり、性感染症が疑われる場合には早めに受診してください。

治療対象の疾患

当院では以下の病気に対し検査および治療を行っています。
なお、マイコプラズマ・ウレアプラズマ尿道炎については保険適応外の扱いとなり、診察代・検査代・治療代など全てが自費診療になりますのでご留意ください。

  • クラミジア(尿道炎、咽頭、咽頭炎)
  • 淋菌(尿道炎、咽頭、咽頭炎)
  • 亀頭包皮炎
  • コンジローマ
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス
  • トリコモナスなど

保険診療と自費診療(自由診療)

当院では保険診療と自費診療(自由診療)の両方を行っています。患者さまの判断で選ぶこともできますし、場合によっては保険の適応とはならず自費診療になる場合があります。
経済的な負担を軽くするために保険診療を選ばれることをおすすめします。

以下のような性感染症と疑われる自覚症状がある場合には基本的に保険診療となりますが、自覚症状のない場合には保険の適応とはならず、診察代、検査代、治療代を含め自費診療となります。

・排尿時の尿道の違和感・痛み・分泌物、亀頭・包皮のかゆみ・痛み、性器のしこりなど

女性の患者さまへ

膀胱炎とは

膀胱炎は女性に多い病気です。
多くの場合、尿道から大腸菌などの細菌が入り込むことが原因で起きます。
特に女性は構造的に膀胱炎になりやすく、繰り返す方も多いようです。
抗菌薬などを使うことによって改善しますが、最近では耐性菌の出現により慢性化する傾向にあります。

このようなことを避けるために、頻尿(トイレの回数が増える)などの症状がある場合には早めに受診してください。
なお、膀胱炎が悪化し急性腎盂腎炎になってしまった場合など当院では対応しかねる場合には、他院を紹介させていただきます。

保険診療と自費診療(自由診療)

保険診療と自費診療のいずれも選べますが、膀胱炎は保険診療の適応となる病気です。