高血圧 - 医療法人社団SEC(新宿駅前クリニック)-新宿の内科/皮膚科/泌尿器科

HOME アクセス 電話する

風邪、頭痛、胸痛、腹痛、インフルエンザなどの急に体調が悪くなった時の治療から生活習慣病(高血圧、脂質異常症、喘息など)のような長期の通院を必要とする病気まで幅広く治療を行っています。患者さまの状態にあった治療に加え、食事や運動療法などきめ細かく指導をさせていただきます。

内科

高血圧

高血圧、脂質異常症、高尿酸血症は古くは成人病と呼ばれていました。最近ではこれらの疾患は生活習慣に密接しているということで生活習慣病という名称で呼ばれています。生活習慣病の中でも気をつけなければならないのが高血圧です。厚生労働省の発表によると高血圧の日本人は1000万人を超えており、治療を行っていない方や健康診断を受けていない方も含めると相当な数の日本人が高血圧であると考えられます。そこでこの記事では高血圧の原因や治療方法について解説していきます。

高血圧とは

高血圧とは、診察室で測定した時の血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上、または自宅で測定した時の血圧が収縮期血圧135mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上の状態を指します。
自宅で測定した時の方がリラックスした状態で測定できるために、基準が厳しくなっています。
高血圧の定義に関しては日本高血圧学会が定める高血圧治療ガイドラインが用いられます。アメリカでのガイドラインが変更されたことによって日本でも降圧目標が議論されています。また、年齢や持病の有無によっても降圧目標は変わります。

高血圧の原因

高血圧の原因は塩分の過剰摂取、タバコ、アルコール、ストレス、運動不足などの生活習慣です。バランスの良い食生活と運動を継続的に行っていく食事療法、運動療法を続けていくことが重要です。
また、何らかの疾患を原因に副次的に血圧が上がってしまうこともあります。この場合には基礎疾患を治療しなければ高血圧が改善されることは難しいでしょう。

高血圧の症状

高血圧には自覚症状がありません。急激な血圧上昇があった場合には頭痛や吐き気などの自覚症状を伴うこともありますが、稀です。
自覚症状がないうちにどんどんと進行してしまい、動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞など命の危険を伴う疾患につながってしまうため、何も起こっていないうちに改善していくことが重要なのです。

高血圧の治療

高血圧の治療として、まずは食事療法、運動療法が行われます。しかし、医師から食事や運動に関する指導がなされてもなかなか実践することが難しいため、薬物治療へと移行してしまう方がほとんどです。この時点で血圧を下げることができれば、薬は飲まずに済みます。
薬物治療では、カルシウム拮抗薬やARB、ACE阻害薬などを用いて血圧をコントロールしていきます。自覚症状がないがゆえに飲み忘れてしまうことも多いですが、服用コンプライアンスを守っていくことが必要です。
食事療法、運動療法、薬物治療のどれにもいえることですが、高血圧は命の危険につながる疾患だということを理解して自ら積極的に治療に参加していかないとなかなか血圧をコントロールすることは難しいでしょう。