皮膚科を受診される患者さまへ - 医療法人社団SEC(新宿駅前クリニック)-新宿の内科/皮膚科/泌尿器科

HOME アクセス 電話する

皮膚科を受診される患者さまへ

新宿駅前クリニック皮膚科では、ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましんなど全般的な皮膚の病気や肌のかゆみ、かさかさ、ぶつぶつなどの症状を診療しております。
予約の必要はありません。
お気軽に受診してください。

なお、当院では保険診療で治療を行っておりますので、自由診療となるような美容に関する医療はおこなっておりません。
その場合には他の美容皮膚科や美容外科の受診をおすすめします。

皮膚の役割と重要性

皮膚は体の乾燥を防ぐ、細菌などが体の中に入らないようにするなどバリヤーの様な働きをします。
また、太陽光線や暑さ寒さから体を守り、体温を調整するなど様々な役割を担っています。

特に皮膚は全身の状態を映し出す鏡とよく言われ、体の中のバランス、胃や腸などの内臓の調子や血行状態、ホルモンのバランスなどが崩れた場合など、その影響が皮膚に現れてくることが少なくありません。
皮膚の病気や症状から他の病気が見つかることもありますので、皮膚に何らかの症状が認められた場合には、早めに受診してください。

当院の皮膚科の診察と治療

治療について

ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましん、いぼ・たこ・魚の目、水虫、やけど、湿疹、皮膚炎、ヘルペス、乾癬、皮膚カンジダ症、帯状疱疹、脂漏性皮膚炎などの全般的な皮膚の病気とともに、肌のかゆみ、痛み、ぶつぶつ、できものなどの症状を診察・治療します。

これらの病気や症状の中には市販薬で対処できるものもありますが、市販薬だけでは治りにくい場合もあり、当院を受診される患者さまもいらっしゃいます。
例えば、ニキビなどは市販薬で治るケースもありますが、なかなか治らず医師による処方薬(医療用医薬品)により改善するケースもあります。

また、アトピー性皮膚炎は、皮膚科以外にも小児科やアレルギー科などでも治療がおこなわれていますが、日本皮膚科学会による「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」が作成されるなど、皮膚科医に対して病気の理解を深め、正しい治療をおこなうよう指導が行われているため、皮膚科での受診をおすすめします。
なお、当院では、ほくろ・皮膚癌・粉瘤(アテローム)・脂肪腫の治療や巻き爪の手術、女性の性器(膣などの粘膜部分)の診察はおこなっておりませんので、予めご承知おきください。

女性医師による診察

ニキビ、肌荒れ、吹き出物、化粧品かぶれ、乾燥肌や、肌のかゆみ、かさかさ、ぶつぶつなど女性が気になりがちな肌の悩みに関しては、女性の患者さまから「女性医師の方が話しやすい」「同性の医師に相談したい」などの声もいただいております。
女性医師による診察のご希望があれば、その旨、受付へお申し出いただくか、問診票に「女性医師希望」とお書きください。
皮膚科担当の女性医師がおりましたら、女性医師が担当させていただきます。