かぜ(風邪) - 医療法人社団SEC(新宿駅前クリニック)-新宿の内科/皮膚科/泌尿器科

HOME アクセス 電話する

風邪、頭痛、胸痛、腹痛、インフルエンザなどの急に体調が悪くなった時の治療から生活習慣病(高血圧、脂質異常症、喘息など)のような長期の通院を必要とする病気まで幅広く治療を行っています。患者さまの状態にあった治療に加え、食事や運動療法などきめ細かく指導をさせていただきます。

内科

かぜ(風邪)

かぜ(風邪)とは

風邪はウイルスや細菌などの感染により起きる感染症の1つです。
ウイルスや細菌などが上気道(鼻やのど)の粘膜から入り込み炎症を起こすことで、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱といった症状を引き起こします。
これらの諸症状を総称して「風邪症候群」というのが、風邪の正式な名称です。

風邪の原因のうち約9割 がウイルスによるもので、残りの約1割が細菌などウイルス以外の感染によるものです。
ウイルスにも様々な種類があり、ライノウイルス、コロナウィルス、アデノウィルスなど200種類以上といわれています。
したがって、どのウイルスが感染したのかを特定することは現状では困難です。
また、黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などによる二次感染や、中耳炎や肺炎などの合併症を引き起こすこともあります。
一般市販薬で治ってしまうこともしばしばですが、子供や高齢者、その方の体質や状態によっては重症化する場合や、先に記載しました二次感染や合併症の恐れもあるため、早めに受診されることをおすすめします。

クリニックや病院の受診を考えるべきケース

通常、風邪にかかった場合、数日以内に俗にいう峠を越えますので、その期間に38℃くらいの熱があったとしても問題はありませんが、それが3日を越えるような場合には注意してください。
また、肺や心臓に持病がある方も持病が重症化しやすいですので注意が必要です。
せきやたんなどが10日以上も続く場合や、色のついた(黄色や緑色)鼻水やたんが出る場合には、他の呼吸器の病気などの合併症や二次感染が疑われますので受診をおすすめします。

診察および治療など

問診・診察

問診により症状などの確認をおこなった後に喉や肺の状態を確認します。
症状からインフルエンザが疑われる場合は、インフルエンザ検査を実施します。

治療法

風邪を根本的に治療する薬がないので、個々の症状を緩和させる対症療法が主になります。解熱薬、鎮咳・去痰薬、抗ヒスタミン薬(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)などを症状に合わせて処方します。二次感染などにより細菌に感染している可能性がある場合には、抗生物質を処方することもあります。
また、インフルエンザ検査の結果が陽性の場合には、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビル)を処方します。

予後

多くは1週間前後で改善しますが、二次感染や合併症により長引く場合があります。

注意すべきこと

抵抗力の弱い高齢者や乳幼児には特に注意が必要です。適切な治療が行われない場合には、中耳炎や副鼻腔炎、さらには肺炎や気管支炎などの合併症を引き起こす可能性があります。